「遊び」こそ一番の「学び」。

「勉強しなさい!」と言われた途端、そこで「やる気」を無くす。それはいつの時代も同じ。好きなことならゲームのように何時間でも夢中。「遊び」と「学び」の境界線がないよりすぐりの「知育商品」。